2008年07月19日

トヨタ アルファード 3.0MSプレミアム特別限定車 両側自動ドア

トヨタ アルファード 3.0MSプレミアム特別限定車 両側自動ドアトヨタ アルファード 3.0MSプレミアム特別限定車 両側自動ドア


年式色車検走行距離【15年】【パール】【2年付】【44000km】装備【オートマ フル装備 エアコン アルミ ABS Wエアバッグ ワンオーナー 記録簿 禁煙車 キーレス 集中ドアロック エアロ パワースライドドア キセノン セキュリティ 事故歴無し 】

コメント【 ミニバンのフラッグシップをめざし、国産最上 級の室内空間を創造したアルファード。「ダイ ナミズム&ホスピタリティ」を開発コンセプト とし、最も明るい星を意味するアルファから由 来されているネーミングは、それにGとVが販売 店により付けられる。Gはメッキグリルと横3段 +斜め格子、Vは同色グリルと横基調の格子が 特徴。搭載されるのは220馬力の3L V6DOHC!FF レイアウトの採用により、低いフロアと高い室 内高を実現し、両側スライドドアの5ドアとと もに乗降性の向上が図られる。

MSは17インチホ イール装着のエアロスポーティモデルとなる。 シートレイアウトは8人乗り(2+3+3)の2タイ プ。サードシートは500mmのロングスライド機 構と横はね上げタイプを採用。安全機構とし て、デュアルエアバッグ、プリテンショナー& フォースリミッター付きシートベルト、ブレー キアシスト、EBD付ABSを全車に標準で装備す る。

3Lは国土交通省「良−低排出ガス」、2.4L は「超−低排出ガス」認定を達成する。特別限 定車のMSプレミアムが入庫です!便利な両側オ ートスライドドア付!オークション評価5点の 極上車です^^ 】

車体番号【 MNH10-***1787 】在庫店舗【U-NEOスタイル店】【電話 048−933−2200  E-Mail:  style@u-neo.com】 u-neoスタイル店には厳選したコンパクトカーから3列シートミニバン 1BOXカーを豊富に在庫しております。S2000専門店&カプチーノ専門店コーナーも大好評!!全国3年間&走行距離無制限保証やOIL交換永久無料サービスを行っております。遠方のお客様にも好評です。お近くのディーラーや指定工場で保証修理が出来ます。店舗にはキッズコーナーも設けてあり、すべり台やぬりえもありますので、是非、遊びに来て下さい!スタイル店一同お客様のご来店をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。元気いっぱいのスタッフが対応いたします^^ 【ショップ詳細は  こちら 】
さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by 車情報通 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中古車

2008年07月04日

GMとともに |アルフレッド・P・スローンJr. /有賀 裕子

GMとともにGMとともに
アルフレッド・P・スローンJr. /有賀 裕子
ダイヤモンド社 刊
発売日 2003-06-06


世界屈指の巨大企業、GMを率いた歴史的リーダー、アルフレッド・P・スローンによる幻の名著がついに復刊。『GMとともに』は、1963年の刊行以来、じつに29版を重ねた驚異の1冊。その内容の秀逸さは、ビル・ゲイツをして「No.1の経営書」と言わしめるほど。今回翻訳されたのはペーパーバック版で、ハードカバー版にはなかったドラッカーの序文も掲載されている。

ビジネス・経済・キャリア へ


GMはワンマン経営でも同族経営でもなかったのか? 2006-08-07
フォードはフォード一族の会社であるが、GMは自動車メーカーや部品メーカーなどが寄り集まった会社で、さらにM&Aを進めて大きくなった会社である。企業文化が異なる多数の会社をうまくコントロールしていくことや強権発動する労働組合と対峙するのは、並々ならぬ才能が必要とされる。それをスローン氏はやってのけた。それはスローン氏のGMおよび発展する自動車産業に対する愛情があってこそである。短期の成果のみを求めるのではなく、自動車産業さらに米国の発展をも考えた明るい未来への長期展望がある。ところで、この本は1918年〜63年ごろの話であるが、今の日本企業の状況とオーバーラップしてしまうのが不思議である。資本主義の先進国であるこの時代の米国と今の日本とが重なってしまう。やはり、日本は資本主義後進国であることを改めて知らされた。今日本ではブームのM&Aではあるが、「その後の組織運営をどうするか?」をこの本が教えてくれている。また経営者が会社を大きくして運営していく上での「心得」とも言うべきものもこの本から学べる。・・・とても数行では語り尽くせない。一企業の経営者故に参考となる事項がたくさん含まれている本である。この本は少し分厚く525頁あるが、読む価値が十分ある本である。私は、これからチェックして置いた箇所を読み直すところである。この本は噛めば噛むほど味が出て来ます。ちょっと高めですが、自分への投資価値が十分にあるベストセラー本です。夏休みの時間が取れる時に、この本は一気に読んで置かれることをお薦めします。ぜひ、ぜひ、ぜひに・・・

(追記)ドラッカーの「会社とは何か」も合わせて読まれることをお薦めします。


さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by 車情報通 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報